自然誌シンポジウム 自然史研究におけるDNA研究の役割

日時
5月14日(日)
13:30~16:30
場所
千葉県立中央博物館 講堂
内容

DNA研究は生物の理解に革命をもたらしました。このシンポジウムではDNA研究が自然史研究にどのようなインパクトを与えたか解説し、その課題と可能性について議論したいと思います。

主催
千葉県立中央博物館
連絡先
教育普及課
TEL:043-265-3776
FAX:043-266-2481
ホームページ
備考
当日申込・先着
対象・定員どなたでも(小学生以下は保護者参加)・150名、講師:倉西良一
開館時間:午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
・休館日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合は開館し,次の平日が休館)・年末年始(12月28日~1月4日)
〇一般 ( )内は20名以上の団体料金
通常期間:300円(240円)
企画展開催期間:500円(400円)
特別展開催期間中:800円(640円)
〇高・大学生
通常期間:150円(120円)
企画展開催期間:250円(200円)
特別展開催期間中:400円(320円)
【入場料が無料】※中学生・小学生,学齢未満児、※65歳以上の方(年齢を示すものを提示)
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方(手帳の提示),及び介護者費用等・入場料:不要, 保険料:不要, 実費負担:不要